近鉄百貨店さんとのコラボビール振舞い! ハルカスウイングガーデンビール茜

 

11月2日(土)

天候にも恵まれ、無事にこの日を迎える事ができました。

今日はとても大事な日。うめきたで行き場を失いかけていたホップを近鉄百貨店様のご厚意により、あべのハルカスファームで栽培する事が決まったのが去年の11月。

当時は屋上で育つのか?屋上で育てたノウハウもない不安の中でスタートした事を今でも覚えています。

そんな状況からスタートした屋上ホップ栽培が無事に収穫でき、醸造したクラフトビールを皆さんに飲んでいただこうと、ハルカス振舞いビールイベントを開催しました。

取り組み主旨とタイムスケジュールパネル

 

今回醸造されたビールは「ハルカスウイングガーデンビール茜」(イベント限定で振舞われた為、現在は入手不可能)

あべのハルカスファームで育てられたフレッシュホップをふんだんに使い、あべのハルカスから見える美しい夕焼け色をイメージした赤みがかった色が特徴で、色々な方が飲みやすいよう、ベルギー酵母を使用したベルジャンスタイルの製法により、フルーティーな味わいに仕上げました。

 

近鉄百貨店本店販売推進部 菅 様より開会のご挨拶でスタート!

 

11時からのスタートなりましたが、大勢の方にビールが振舞われました。

開始から参加されている方は終わりには5杯以上も飲まれていたとか・・・?

ブリューパブセンターポイントさんで醸造し、サーブもご協力頂きました。あべのハルカスファームスタッフも参加です!

(醸造の様子は下記リンクをご覧ください)

日本一高い「あべのハルカス」にある屋上の農園あべのハルカスファームにて、2019年フレッシュホップ最後の収穫!

 

会場を盛り上げてくれた演奏グループ summer camp と リュスティック

Summer campさんは夏のBBQキャンプで出会った仲間と。リュスティックさんはホップ栽培や音楽で繋がった仲間と結成されたグループ。年齢も職業もバラバラですが、1つの出会いをきっかけに繋がったグループです。

ピアノや鍵盤ハーモニカで楽しく演奏していただき、会場の雰囲気をにこやかに仕上げてくれました。

 

もう一組はプロで世界を飛び回りご活躍中の「松村夫妻」

ピアノとフルートでクラシックからジャズまで、オールマイティーな演奏で場の雰囲気を上質に仕上げて頂きました。

 

もちろんこの日もThanks hopの屋台が登場です!どんどん改良を重ねて色々な場面で皆さんとの出会いをお繋ぎできるような屋台になって欲しいです。

 

Thanks hopの中の人。活動紹介や今後の活動についてお話しました。実は初めて3人が同じステージに立った記念日となりました!

来年もまたやりませんか?の一声に近鉄百貨店様も「ぜひ!」と嬉しいお返事を頂きました!

 

最後は関わった皆さんで記念撮影

 

今年、うめきたから始まったホップ栽培はあべのに拡がり、多くのコミュニティを醸造しました。地域という枠を超えて、様々な人と人とがホップを通じて出会い、新たな価値創造の場に繋がるコミュニティが生まれ、さらにアップデートされていく。

小さな循環かもしれませんが、この一歩がないと現代社会では忘れがちな相互扶助が成り立ちません。

「誰も取り残さない地域社会を目指す」

Thanks hopを立ち上げる時に決めたコンセプトを思い出しました。

関わった皆さんが楽しく、いきいきと活動できる場の創造をこれからも続けていきます!

 

文:鈴木 悟

 

コメントを残す